Menu
wave

リヴのできること

光冷暖


光冷暖とは、今までの壁や天井はインテリアとしての認識の方が大半でしたが、光冷暖は壁や天井を最大限に活用し、室内環境を最適化するKFT株式会社が開発した次世代型冷暖システムです。

空調システムの主流であるエアコンと違って、風がないため空気感染のリスクを軽減させることができ、消費電力を抑えることにより、CO2の排出も抑え、50%の省エネを実現しました。(※エアコンと同条件での比較・九州工業大学調べ)また光冷暖の導入のメリットとして壁や天井に特殊なセラミック加工を行い冷暖効率を最大限に上げるためラジエーターの設置台数が少なくすみます。(※建物の構造・断熱、窓の種類・大きさ等の諸条件により異なります。)

従来は、ラジエーターが各部屋に必要でコストも高く、導入のハードルは高かったのですが、壁や天井に熱移動しやすい環境を作ることにより、少ない台数で、空気を汚さず、温度ムラも少なく、家全体を冷暖することが可能となりました。
光冷暖は、エアコンの冷温風など、さまざまな不快感を解決し環境へ配慮した、画期的な特許システムです。

05

リヴが光冷暖をおすすめする理由

「システム」
― カラダが喜ぶ冷暖房―

壁・天井とラジエーターの表面に特殊セラミック加工をおこない、光エネルギーにより体感温度をコントロールして、快適な空間をキープするシステムです。
空調機器の主流であるエアコンのように、送風によって空気を冷やしたり、暖めたりする冷暖房ではありません。冷温風がもたらすさまざまな不快感を解決し、かつ環境へ配慮した画期的な特許システムです。

「放射」
― 埃の舞わない快適空間 ―

風を使わない冷暖房システムなので、エアコンの当たりすぎで感じる身体のだるさがほとんどありません。 暑い・寒いといった部屋ごとの温度ムラが少なく、家全体を適度な室内環境に調節できます。
エアコンのように冷風・温風ではなく風が生じないので、カビや菌、ほこり、花粉などは舞い上がることはなく、ウイルスや細菌の拡散リスクも低減することができます。

「省エネ」
― 従来のエアコンの50%の省エネ効果 ―

壁・天井とラジエーターの表面に特殊セラミックコーディングをおこない、光エネルギーにより体感温度をコントロールする室内環境システムです。
エアコンと比較すると省エネ効果も高く、CO2の発生も抑えることができます。電気消費量はエアコンのおよそ2分の1になります。

省エネで二酸化炭素排出量が少ないため、地球温暖化防止にも大きく貢献します。
※建物の構造・断熱、窓の種類・大きさ等の諸条件により異なります。
※エアコンと同条件での比較・九州工業大学調べ

「快適な空間」
― 人に優しく体に優しく―

送風がないため、冷風で体の一部が冷えたり、温風で顔がほてる等、風が直接当たる不快感から解放されます。また運転音がなく静かなので静粛な室内空間を作り出すことができます。

無風のためウイルス・PM2.5などの質量を持っている有害物質を舞い上げませんので、実験で集中力アップやリラックス効果が見られました。また家の中での温度ムラが少なく快適な空間をキープするので、ヒートショック対策にもなり、お年寄りや高血圧の方にも非常に優しいシステムです。
※建物の断熱・諸条件によって異なります。
※冷ショック(ヒートショック):冬の間、部屋を移動する際の急激な温度変化によって脳卒中発作や心筋梗塞を引き起こされる症状。

スタッフコラム

ページトップへ