Menu
wave
  • ニュース

阪急洛西口高架下施設「TauT」(トート)にカフェ「巣箱」(スバコ)をこの秋にオープン!!

2018.08.07

この度、リヴは阪急洛西口から桂駅間プロジェクト高架下施設「TauT 阪急洛西口」にカフェ「巣箱」をこの秋にオープンいたします。

”食の安全”と”地産地消”にこだわり、地元大原野の農家から直接仕入れる野菜を中心に使用。
ランチは「健康食材と生姜」をテーマに和洋問わずその時の旬の食材を生かした定食やパスタを日替わりでご提供致します。
また、長岡京市の名店 unir(ウニール)のスペシャリティコーヒーや手づくりスイーツなどのカフェメニューも充実。
夜はアラカルト料理が楽しめる、コーヒーと生姜の専門店です。

地域の皆様が集い、そして交流できるコミュニティづくりを目指して、地域に無くてはならないお店づくりに努めてまいります。

リヴカフェ巣箱洛西口高架下

鳥の巣のように安心で、温かく。 人が集まるコミュニティを創る。
地域の想いが集まり、関わる人々が希望ある未来に羽ばたけるカフェでありたいとネーミングをつけました。

リヴカフェ巣箱洛西口高架下

「TauT 阪急洛西口」は、阪急京都線・洛西口駅付近の連続立体交差化事業(鉄道高架化)により生み出された総延長約1km、面積約11,200㎡の高架下空間であり、開発コンセプトである「行きたい 住みたいKYOTO洛西口 ~ヒトとヒトをつなぐ エキはマチの縁側~」のもと、行きたい街・住みたい街としての魅力を高め、「訪れたい」「新たに住みたい」「将来にわたって住み続けたい」と思っていただけるエリアを目指して開発が進められ、2020年全体開業を予定されております。

リヴカフェ巣箱洛西口高架下
ページトップへ