Menu
wave
  • ニュース

大型木造建築 京都最大級の介護複合施設誕生

2018.06.03

平成30年6月3日、伏見区羽束師に京都府内産木材を使用した2,000㎡を超える、木造建築では京都最大級の介護複合施設「とうふう苑」が誕生いたします。

お施主様より、住まわれる方々の身体の健康、心の健康を第一に考え、健やかにお住まい頂ける建物をとの想いを受け、木造による建築が始まりました。

木造建築はCO2の削減に繋がり、森林の整備による京都の山林保全、京都の林業の復興に繋がります。

地産地消の持続可能なまちづくりを進める上で、地域産木材を活用した木造建築を自信を持ってお勧めします。

京都大型木造建築府内産木材
京都大型木造建築府内産木材
京都大型木造建築府内産木材
京都大型木造建築府内産木材
ページトップへ