Menu
wave

LIV SU・BA・COへ込めた想い

豊かな自然と整った生活環境が共存する、阪急「洛西口駅」前に、株式会社リヴの新社屋として、西日本初となる木造大型商業ビル( 一部RC 造) を新築した。CO2 の発生量が少なく、耐久性の高い地域産木材を活用した環境配慮型のこのビルは、自社はもちろん、育児支援団体や若手起業家のオフィス、地域に開かれたバンケットスペースなど様々なニーズに合わせた場所を提供することで、地域の活性化を目指しています。

1階がRC 造2〜5階が木構造の特性を捉え、2階床レベルを、「第二の地盤」とすることで、断面計画をクリアに考えました。すなわち1階は内部ではなくスバコの東西をつなぐ「外部の延長」として、地域により密着できる施設であることをアピールしています。2階は第二の地盤の上に建つ株式会社リヴの社屋。その上階は、若い経営者に解放したシェアオフィスがございます。
「SU・BA・CO(巣箱)」というネーミングからも想像できるように、そこから若い地元の力が羽ばたいていくイメージを建築計画に織り込んでいます。

豊かな自然環境に抱かれたこの地域の景観を損なわず、株式会社リヴの新社屋としてふさわしい外観デザインを行っております。
雄大な西山と遮る物の少ない高い空を背景に持つこの場所で、人と自然のぬくもりをコンセプトとした株式会社リヴのロゴで使用されているコーポレートカラーを意識した配色計画により、リヴの社風を表現しました。

オリーブの花言葉は、「平和」・「安らぎ」・「知恵」・「勝利」であると言われております。

このオリーブの大木は、スペイン特産の品種で推定樹齢800年と言われており、これほどの樹齢のものは非常に希少です。大きな卵形の実がなります。

はるか数千キロ離れたスペインのバレンシア港より海上輸送し、リヴにやってきました。

オリーブの木は強い生命力を持っております。乾燥した地中海地方の大地で多量のオイルを含む果実を実らせ、嵐で木が倒れてもそこから新しい芽を出し再生してゆく。リヴもこの乙訓の地の平和を願い、地域貢献にも率先して取組み、オリーブの木のように力強く生き続けて行きたいという想いからシンボルツリーにオリーブの木を選んでおります。

 植樹に貢献していただいたのは、園芸家・プラントハンターの西畠清順さん。

鳥が棲家を作りここから巣立っていくようにという想いから、この地域とこのビルの名称「SU・BA・CO」のシンボルツリーとして神々しい存在感と生命力でこの先何十年・何百年と私たちを見守り、生き続けていきます。

ページトップへ