Menu
wave

リヴのCSR - リヴの社会的責任 –

リヴでは、事業活動を通じて人や地域、まちづくり、環境に貢献するべく「まちいちばんの住生活サポーター」を目指しております。
これは「リヴのCSR」においても変わらない想いです。
「リヴのCSR」では様々な活動を通じて地元・乙訓地域に貢献してまいります。
そして一人でも多くの笑顔を咲かせ、活気のあるまちづくりをおこなっていきたいと思います。

地域との絆

地域の皆様の暮らしやすい社会環境の創出に向けて、私たちリヴは介護予防を目的としたデイサービス「きたえる〜む」を運営しています。きたえる〜むの機能訓練を通じ、日常生活を元気でいきいきとと過ごせる生活がおくれるよう、サポートを行っています。

子供と若者の未来へ

子どもと若者たちにスポーツを通して、挑戦する楽しさ、感謝する気持ちを育んでもらおうと、様々な支援と活動をおこなっています。
2013年より後援しております「学童野球大会」(主催は乙訓少年野球連盟)では地元地域である乙訓を中心とする18チームが参加し、子どもたちの優勝を目指し挑戦する姿に感動いたしました。
また、なでしこリーグ昇格を目指し挑戦し続ける地元京都の女子サッカーチーム・バニーズ京都SCの支援を2013年からおこなっています。
そして、2015年より就職活動を控えた学生を対象に、就職支援セミナーをおこなっています。また、地方の紅葉創出のため起業家や会社員、クリエイター、学生など、同じ志を持った人が集住し、互いに目的の実現を目指して刺激しあうことを目的とする起業家シェアハウス「Fespa(フェスパ)京都」をオープンしました。若者たちに夢と希望を持ち続け挑戦してもらうために、将来を見据えた活動のサポートもおこなっています。

環境への取り組み

本業では、超長期住宅先導的モデル事業(国土交通省の事業、京都では最初に採択)や地元の木材を使用して建てた平成の京町家(京都市が認定する地域型省エネ住宅、第一号認定)、スマートハウス、ゼロエネ住宅など地球環境に配慮した家づくりに率先して取り組む姿勢は、創業時以来変わりません。
もう一つ創業時以来、私たちは地域の清掃活動を毎朝おこなっております。日頃地域でお世話になっている事への感謝の気持ちを表す場として全力で取り組んでいます。
そして、排気ガス・CO2排出の削減を目指し、電気自動車を使用してエコロジーな移動手段を心がけています。

被災地支援

2011年3月11日の東日本大震災により被災された方に、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日でも早く平穏な生活を取り戻されることをご祈念いたします。
リヴでは、震災直後に復興支援として従業員有志による瓦礫撤去などのボランティア活動をおこなうとともに、被災地の商業復興を目的に食事や観光、宿泊をさせていただきました。そして救援金として2,208,251円を寄付いたしました。

また2016年4月14日に発生した熊本自身の時には、現地へ行きボランティア活動を行ってきました。そして、1年間かけて募り2,100,000円寄付させて頂きました。

ページトップへ