Menu
wave
  • 注文住宅

木をふんだんに使ったお家/京都市北区市 N様邸

在来工法 2階建て / 延床面積92.94㎡(28.11坪)

お客様のご要望

「外観には必ず格子を取り入れたいんです!」とN様。ただ人工木にするか、天然木にするかで悩まれました。

リヴのご提案

天然木はメンテナンスが必要ですが、やはり味がある方がいい!ということで、レッドシダーを採用しました。玄関ドアとスリットを合わせたのがポイントです。

階段素材

床材は、1階は無垢のバーチ材、2階はシートのフローリングを使用しています。1階と2階とで素材が異なる時の悩みどころとなるのが階段の色。できるだけ素材感や色味を合わせたい!という方は、お客様の目に入る1階と色を合わせてあげるのがおすすめです。

キッチンLDKバーチ

LDKの仕様決めの主導権は奥様…かと思いきや、キッチンの色で最後まで悩まれたのは、ご主人様でした。建具に合わせてダークか、インパクトをつけてアイボリーを入れるか…使用したバーチの床材は写真のようにひとつひとつの素材が違っていて、滑らかな肌触りが特徴的です。無垢材の中でも十分な硬さがあるためフローリングにはうってつけ!

畳戸襖紺ネイビー

LDKと繋がった畳スペースは違和感なく一体空間とするのが目標。戸襖にアクセントで紺色のクロスを貼りました。合わせてカーテンも紺色に。ほら和と洋がなじんで見えませんか。こんな風に壁や建具だけでなく、小物で色を合わせるのもアリです。

吹抜け手すりアイアン木製

吹抜けの手すりは、かっこいい感じにしたいならアイアン、優しい温もりを感じたいなら木製。としたいお家の雰囲気によって変えてあげるのがおすすめ。今回は床色に合わせてゴム集成材の木製手すりにしました。
大切なお子様が落ちないように手すりのピッチは細かめに。個室に入っても一歩出たら家族の存在を感じられるのが吹抜けのいいところです。

ページトップへ