Menu
wave
  • リノベーション・リフォーム

石焼Cafe&Cat 蔵之助のしっぽ 

京都市西京区 / 京都市カフェ

お客様のご要望

「猫たちと共生できる身近な空間があれば、猫たちに興味を持ってもらうことができる。華やかな血統種の陰に雑種や野良猫のように、はかない生涯を過ごす猫たちがいるけれども里親(保護)という形で家族に迎え入れることもできる」ということを伝えていきたいオーナー様の想いからCafeの席からも猫を愛でる事も出来るCatRoom、猫たちと共生できる身近な空間を作りたいとお話いただきました。

 

「蔵之助のしっぽ」の猫たちは、のんびりやさんが多いそうです。

猫のふとした仕草や、時折見せる野生の本能を垣間見たりして猫とのふれあいの時間を過ごせるように、お客様ものんびりとゆっくり過ごせる空間にしたいとご要望いただきました。

リヴのご提案

オーナー様の想いを形に、「猫と共生できる環境」をつくりあげました。

 

受付だった空間をCatRoomにリノベーション。

空間の使い方、見せ方を変える事で全く違った空間へと変わります。
猫たちが自由に過ごしているCatRoomですが、リノベーション前は受付でお客様をお出迎えする場所でした。

受付からCatRoomへ”お出迎えをする場所”ということは変わらずに、今では猫たちがお客様をお出迎えします。

猫たちもお客様も満足できる空間に。

猫たちが自由に飛び回れるように、遊びまわれるように、たくさんのラックを設置しました。

このラックは猫たちが自由に遊びまわるだけでなく、ちょうどそこで休憩している猫たちをカフェ側から見ることができます。

高いところで休憩していると、カフェの遠くの席からも猫たちを見ることができますよね!

 

カウンター席からはCatRoomを一番近くで見ることができます。

ひとりでお店に来ても、友達ときても楽しめる空間になっております。

こちらの建物「石焼cafe&Cat 蔵之助のしっぽ」となる前は弊社、株式会社リヴの本社でした。
当リノベーションは、単に間取りや内装を変えただけではありません。
建物の価値を活かしながら、新たな価値を持つ建物に生まれ変わらせました。
リノベーションを通じて、地域のつながりやまちづくりにも影響を及ぼしています。

こうして素敵な建物が実現したのはオーナー様の強い想いがあったからこそです。

そんなオーナー様の想い、お店の名前の由来でもある「蔵之助のしっぽ」が生まれたきっかけ、幼黒猫との出会いのエピソードは「蔵之助のしっぽ」の由来よりご覧いただけます。

蔵之助猫カフェリノベーションリフォーム

猫の足跡が外壁のいたるところにあり、遠くからでもお店のことがわかります。
近くまでいくと中の様子をご覧頂くことが可能です。

猫カフェリノベーションリフォーム

入口正面にはCatRoomがあります。
店員さん、猫たちがお客様をお出迎えします。

猫カフェCatRoomリノベーションリフォーム

カウンターに座れば、のんびりとした猫たちの様子を見ることができます。
時間を忘れ、ゆっくりと時間を過ごせる空間になっています。

猫リノベーションリフォーム

たくさんの猫たちと触れ合うことができます。
触れ合うことができる猫たちはこちらからご覧ください。
https://www.kuranosukenosippo.com/cat-room/

猫リノベーションリフォーム

CatRoomをのぞくと猫たちがじゃれあっています。
そんな姿はずっと見てられますよね!

テラス席猫カフェリノベーションリフォーム

テラス席も準備されております。
天気の良い日はテラス席もいかがでしょうか?

猫カフェCatRoomリノベーションリフォーム

猫たちからはこういった感じにお店が見えています。

リノベーションリフォーム西京区
リノベーションリフォーム西京区
ページトップへ