Menu
wave
  • 大型木造建築

京都市で市内最大規模の木造高齢者向け施設「とうふう苑」

京都市伏見区

リヴのご提案

とうふう苑-高齢者福祉施設-

環境と身体に優しい、京都府内産木材を活用した高齢者施設で、京都市内では最大規模の施設。

シニアの暮らしに、ワンランク上のプレミアム感。とうふう苑は、京都最大級の木造による高齢者施設として建築の段階から数多くのメディアに取り上げられました。モノのない時代を強く生き抜いて支えてくれた世代に、やすらぎのある住まいを提供したい。そんな想いが建築にも活かされています。

木造3階建ての、延べ面積2100㎡超の高齢者向け施設。地域産木材を活用したものとしては、最大級の建築物となっております。

京都府内では、木材資源活用と、森林保全の観点から、地域産木材の活用が勧められており、住宅では、府内産材使用に補助が行われてきましたが、より木材利用が多く、効果が大きい大型の非住宅建築物への使用促進のために平成28年度より、行われております。今回はその中でも最大規模の建物となります。

 

躯体を木造にすることで、建築時のCO2の発生を同規模の鉄骨造に比べて1/3、鉄筋コンクリート造に比べて1/4に抑制することができます。また、大気汚染物質の発生抑制、水質汚染物質の発生抑制にも効果があります。

建物には、1階にデイサービスとショートステイ、2・3階には高齢者向け賃貸住宅となっております。

京都大型木造高齢者福祉施設

建物内装にも、京都府内産木材を使用し、身体に優しい効果もございます。

京都大型木造高齢者福祉施設

研究機関によるデータでも立証された、長寿のための呼吸する若木躯体は、きっと入居者様に 心地良い毎日をお約束します。

京都大型木造高齢者福祉施設
京都大型木造高齢者福祉施設
ページトップへ